ナースも人の子

訪問看護4

訪問看護は1900年前後に始まった派出看護(はしゅつかんご)がもとであるといわれている。派出看護とは、訓練を受けた看護婦が患家と契約を結んで病院や患者の自宅において看護を提供することであった。1884年に有志共立東京病院(現在の東京慈恵会医科大学)が上流階級家庭を対象に始めたとされる。その後1891年に鈴木雅が慈善看護婦会(後の東京看護婦会)を創設、困窮者へ無料で派出看護を行った。1894年の日清戦争後、戦争により急性伝染病が蔓延したことや、戦時の活動により看護婦の存在が世間に認知されたことにより、派出看護婦の需要が高まった。高度成長期を迎えると、平均寿命の延長、核家族化の進行、それらに伴う一人暮らしの高齢者の増加、寝たきり高齢者の増加などが社会問題となった。それを受けて在宅患者への継続看護の一環として、1970年ごろから病院・診療所、自治体からの訪問看護が行われるようになった。

≪wikipediaから抜粋≫
[PR]
by yuuchann81 | 2012-05-26 12:23
<< 訪問看護5 訪問看護3 >>



仕事が辛い!ボヤキます!!
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
訪問リハビリテーション事業所
at 2012-05-31 14:29
訪問入浴介護事業所
at 2012-05-30 14:28
訪問介護事業所
at 2012-05-29 14:27
指定居宅サービス
at 2012-05-28 14:26
男子400メートルリレー
at 2012-05-27 21:44
メモ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧